アニメ「Persona4 the ANIMATION」にみるデザインの妙

皆さんPersona4 the ANIMATIONってご存知ですか?

コンシューマ機のゲーム、Persona4がもととなっているアニメで、2011年から2012年にかけて放送されました。結構昔ですね、今ペルソナ5がゲームで出ていますし。

この作品のオープニングがとにかく素晴らしいデザインセンスで、初見のときに目からうろこが落ちました。

そのオープニングがこちら。

“アニメ「Persona4 the ANIMATION」にみるデザインの妙” の続きを読む

【書評】WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator

「WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator」を読んでみました。

PhotoshopとIllustratorのWebサイト制作に特化した技術書です。

応用可能な基礎知識が詰まった一冊で、一時間ほどで読み終えられます。

基礎知識の集大成ですので、独学でデザインを学ぶ方や、新人デザイナーの方にお勧めです。

“【書評】WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator” の続きを読む

昨今のネット広告とデザインの正直な話

理解しているけれども腑に落ちないという話です。

売れるデザイン、目を引くデザインというのは、実はパターンがあります。
例えば

  • スーパーのチラシ
  • 車の広告
  • LP

皆さん上記のレイアウトや色遣いを思い浮かべてください。

あー、と納得しませんか?

スーパーのチラシなんてとても分かりやすいです。

一見ごちゃっとしているようで商品一つ一つがきちんと認識できる写真の配置、独特の赤や黄色を使った極太フォント。
“昨今のネット広告とデザインの正直な話” の続きを読む

媛野が考えるクリエイター向け便利ツール/Useful creative tools

媛野が実際に使っているオンラインで無料で使える便利ツールをご紹介。
コストは安く、機能は充実。

Now I’ll introduce useful, free creative tools.
Free and many function.

Cacco
アイディア、特に図表のストックに適したツール。
Webサイトのワイヤーを書きためたりするのに良いです。

It’s good for stocking ideas,especially wireframe for websites.

Color Pick Eyedevelopper

Webから色を引いてこれる便利ツール。お気に入りの絵からワンクリックで色を拾えます。

You can pick up color from picture on web easy.

和色大辞典

日本の伝統色のリファレンス。

Refference of Japanese traditional colors.

Pose maniacs

これは本当に助かる!3Dデッサンモデルのサイトです。
ポーズをそのまま作品に取り入れても良いなんて、太っ腹…。

The site of 3D drawing model.

皆さんがご使用されている便利ツールがありましたらぜひ教えて下さい!
便利ツールを使って快適なクリエイター生活を。

Do you use useful tools?
Please tell me good tools!

デジタル画材紹介:目的別おすすめ度付き

デジタル画材は高価でなかなか手を出しにくいものです。
必然性、好みにもよりますが、手を出すぞ、という方向けの導入の助けになれば幸いです。

Digital graphic software are not easily to buy, because these are expensive.
I’ll guide some digital graphic software for beginners.

【ロゴデザイン、パターン作成編 -Making logo, patterns-】

一位 -first place-

Adobe Illustrator

これにまさるものなし。
自在に引けるきれいな曲線。
ベクトルデータの使用。
ラスタライズ、シンボル、アピアランスを駆使するだけでなかなかのものが作れちゃいます。
3D機能も捨てがたい。
使いたかに癖がありますが、慣れればどうってことないです。
価格については、パッケージだとお高いですが、AdobeCCからは月々払いでお手頃値段で使えます。
食わず嫌いはやめてベクターの世界に入ってみましょう。

This is the best software.
Beautiful line, using vector data.
You can make nice logo using a few functions of it.

二位 -Second place-

Adobe Photoshop

使いやすさととっつきやすさはこれが一番。
ただしロゴ系に限って言えば、伸縮自在、変形に強いベクター画像を
自在に使えるAIに軍配が上がります。
まあ、上手な人は何使っても上手ですけどね(笑)
価格については、上述の通り。

Easy to use, easy approachable.
But if you wanna make logo, using AI is better.
Vector images allow us freely scaling, freely transforming.

三位 -third place-

Adobe Fireworks

パターン系の作成ならこのソフトでも行けます。
繰り返しパターンには強く、うまーいことソフトが助けてくれるので、
AdobeCCご利用の方はついでに使ってみてください。

This software is strong to make pattern repeating.

【テクスチャ作成編 -making texture-】
一位 -first place-

Adobe Photoshop

先ほどと立場が逆転。写真からスキャン素材から画像まで、
なんでも加工できる素晴らしきソフト。
これこそがテクスチャメイキングに最適だと思います。
テクスチャライザを使うもよし、トーンカーブ等色調補正も最大限に利用してみましょう。
思いもよらぬ素敵なテクスチャができますよ。

Photos, scanning materials, all images can be processed by this software.
That is the reason that PS is ideal for texture making.
You’ll be surprised by PS, because you can create wonderful texture using a few function.

二位 -second place-

Adobe Illustrator

PSと同じようなことができますが、やはり画像加工能力ではがくっと
劣っていると感じます。
それでも工夫を重ねればいいものができてしまうAI。
腕に自信のある方向けです。

AI is also graphic software, but less than images processing functions of PS.
Then We need to contrivances and techniques.

【イラストレーション編 -making illustration-】
ちょっと幅が広すぎという気もしますが、いろんなイラストを含め1カテゴリで語り切ります。
一位 -first place-

Corel Painter

これ、ほんと僅差で一位にしました。
このソフトの良い所は、どんなテイストの塗りもできてしまうところ。
一位の理由はこれにつきます。
ただ欠点も多いんです…。
作業用画像が粗い(PSのように美しくない)んです。
あと線画を書きにくいところもマイナス。
更にソフトが重い。
クラッシュが多いのでマメにバックアップが必要。
媛野はこれを厚塗りセミリアルの絵を描く時に愛用しています。

Painter realize all painting tastes, all.
This is the reason of first place.
But has unfavorable surface.
Preview images in screen are not so good.
Software operation is not smooth.
And many crashes of artworks.
I use this software when making semi-real illustration.

二位 -second place-

SAI

シェアウェアのSAI。この魅力はなんといっても描き心地。
線の綺麗さでは群を抜いています。
ただそれゆえに人工的な硬さが目立つ絵になることも。
塗りは厚塗り風、水彩風、アニメ風が塗りやすいかと思います。
ただこれまた綺麗すぎて固く見えることが…。
コストパフォーマンスは抜群の5000円台(でした、媛野が買った時は)。
正直イラストレーションだけならこれでいけると思います。

SAI is shareware made by Japanese engineer.
SAI has a reputation for beauty of the line.
You can draw comfort more than other soft.
All genre illustration can be made by SAI.
Then, SAI has weekness point. Sometimes it looks artificial because drawing touch is too beautiful.

三位 -third place-

Adobe Photoshop、Adobe Illustrator

作業のしやすさ、背景小物の変形、トーン作業これらを含む場合、PSは強いです。
基本的に下絵はスキャンして取り込みましょう。
「描く」ためのソフトではないので。塗りもしかり。
腕次第ですが、上記2つに比べたら塗り力は劣ります。
AIですが、グラデーションとライブペイントを駆使してリアルテイストのイラストを作ることが可能です。
また、ベクター画像をフルに使ったアニメーション風イラストの作成も出来ます。
ブラシを工夫すると手書き風のイラストも描けちゃうなんとも便利なソフト。
ただし技術は必要です。
AIではペンタブを動かして塗る、という発想は捨てましょう。

PS has strong function of the ease of work, the deformation of images, tone work(Japanese comic drawing technique.
You should draw some illustrations, and let’s capture it by scanning.
Then paint it!
The “draw” function is not better than Painter. But depending on your technique.
In the case of AI, it is possible to make the illustrations of real taste by making full use of the gradient and live painting.
In addition, You can also create illustration of animation style using vector image.
And you can handmade drawing style illustrations by using customize brushes.
However your technique is required.
You should discard the idea of using pen tablet when you use AI.

次点 -Next mark-

Cloud Alpaca

最近話題の漫画制作ソフト。
何が良いか、それは無料!
描き心地はSAI、トーンも揃っている。
ということでコミックイラストを書きたいならこれで十分だと思います。
ワークスペースの調整がきかないところが不便に感じちゃうんですよね。

Cloud Alpaca is Japanese soft for comic making.
It is like SAI.
It’s free and high function.

【DTP編 -DTP-】
一位 -first place-

Adobe Illustrator

やはり紙ものはAIが強いですね。
入稿用データもAI指定が多いです。
紙媒体作成に必要な機能はほぼなんでも入っています。
DTP狙いなら外せないソフトでしょう。
ついでに入稿、原稿作成の基本レギュレーションの勉強をしておくと良いでしょう。

AI is good tool for DTP.
AI has almost function for DTP.

二位 -second place-

Adobe Photoshop

AIと似たことができます。
PS入稿もなくはないのですが、AIより少ない気がします。
AIで使う素材を加工する場として重宝します。

PS works like AI.
PS is useful to make materials for AI.

三位 -thied place-

Adobe Fireworks

このソフト、実はベクター画像が使えます。
Web特化のソフトと考えられがちですが、(たしかにそうなんだけど)
意外とDTP素材を作るのには適しています。
FW PNG(レイヤー保持)を希望するクライアントも少ないですがいますし。

FW has the function making vector images.
FW is good to make materials for DTP.

全くの初心者のかたへ向けてのソフトレビューでした。
価格はSAIが一番安いです。Adobe製品は月々払いとパッケージ買いがあり、何をどれだけ使うかと、自信の財力によって安いか高いかが変わってくると思います。PainterはAdobe単品理は安いですが5万弱。
が近は無料サービスが増えてきているので、それを利用するのもいいですね。
ただプロでやっていくのであれば、やはり固いところはAdobeになりますね…。
自分が将来何をしたいか考えた上で、画材を選べば後悔も少ないと思います。

Articles above is for beginner of beginners.
When you choice softwares, you should check cost and functions.
Low cost and mddle-high function is better.