ペイント 3Dの便利で楽しい利用方法

Windows10にデフォルトで入っている、ペイント 3Dが、仕事でも趣味でもかなり便利で楽しいものだったので少しだけ使い方をレビューします。

 

ペイント 3Dとは

3D、つまり立体でお絵かき、モデリングができる、ソフトです。

Windows10のアップデートで使用できるようになったソフトです。メニューから探してみてください。

 

一体何ができるソフトなのか

  • 3Dオブジェクトの生成、組み立てができます
  • 3Dオブジェクトに着彩ができます
  • 出来上がった作品は3Dプリンタで印刷できます
  • パソコン上で、2Dデータをシールのように、3Dオブジェクトに貼ることができます
  • 2Dの図形、テキストの生成もある程度できます
  • 3DオブジェクトはWebからある程度ダウンロードできます(例:人のモデル、家、車、木など)
  • 2Dデータ、3Dデータどちらでも保存することができます

 

どんな時に使えるか

使い方は人により無限大……というと言い過ぎかもしれないですが、いろいろあると思います。

私は次のような使い方をしています。

 

イラストレーション制作時の参考資料にする

特に室内や風景の特殊な構図を描くときに重宝します。なかなか資料がないときにはとても助かっています。また、クライアントとイメージの共有がしやすくなり、認識の齟齬が少なくなります。

下はとあるお話の戦艦内ブリッジのイラストを制作する時に使用した素組です。雑ですがこんな感じで組むことができます。

ほとんどがWeb上のオブジェクトを変形、彩色し、組み合わせて作ったものです。平面より立体のほうがイメージが沸きやすいのでお勧めです。

 

グラフィック系のソフトの素材を作る

ブラシや背景などの素材を3Dで作り、最終的に2Dに落とし込んで使用します。立体的な艶や、滑らかな外観、少し面白い表現を作品に取り入れたいときに使います。

 

箱庭として楽しむ

気分転換に庭や街を作って遊ぶことができます。納得のいくものができたら3Dプリンタで印刷することもできます。しばしば背景の参考になりそうなものができるときがあるので、データを保存して取っておきます。

 

他の方では、やはり3Dプリンタで印刷して、制作物を利用されている方がいます。また、小説や漫画を描かれる方の中にも、作品の原案のイメージを固めるために、ペイント 3Dで作品に関わる立体オブジェクトを大まかに制作される方がいらっしゃいます。

 

ペイントと何が違うか

大きく異なるのは、やはり3Dの制作ができる点です。作品は3Dプリンタで印刷できます。データは2D(JPGやPNGなど)、3Dどちらの形でも保存できます。

有料2Dソフトのような多機能はありません。イメージとしてはWindows10に搭載されているペイントくらいではないでしょうか。手を掛ければなかなか緻密なものも作れます。かなり手がかかりますが……。

慣れるまで少し大変

従来の2Dグラフィックのソフトとは操作が随分異なるので、少々慣れが必要です。X、Y、Z軸、三方面から見て、オブジェクトをうまく配置しないときれいな作品が作れません。二つくらい素組をすれば操作のコツがつかめてきます。導入難易度はさほど高くないと思います。

 

ペイント 3Dは仕事でも余暇でも有用で楽しいソフトでした。最初は「あれ、何だこのソフト」とあまり関心がありませんでしたが、用途を思いついた時から、手放せないものになりました。制作に携わる方はもちろん、低予算で3Dの世界を体験してみたい方にもお勧めです。

Windows10ユーザーの方は活用してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA