まとまった配色にするには色を3色に絞ろう

たまたまアニメ「鬼灯の冷徹 弐期」を見ていた時に、気づいた配色のポイントを簡単にご紹介します。

鬼灯の冷徹の弐期20話前くらいからのエンディング前半の色遣いに注目しました。

このエンディングムービーは黒背景に2色のカラーを使ってオブジェクトを配置しています。2色のカラーはメインカラー(強めの色)とその補色で構成されていることが多いです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

  • 色を三色にまとめる
  • 補色を取り入れる

というのはデザインの基本テクニックです。画面がすっきり見える上に初心者でも取り入れやすいテクニックなので、試してみてはいかがでしょうか。(もちろん多色使用することもあるのですが。)

 

トレーニング方法として有効なのは、3色程度でまとめられているグラフィックの配色を自分なりにいろいろ変えてみる学習方法です。WEBサイトでもいいですし、カードでもよいでしょう。自分が取り扱うプロダクトで学習してみてはいかがでしょうか。

私はアニメ産業とは無縁ですが、アニメのオープニングとエンディングからよくデザインヒントをもらいます。理由は、作品のイメージとその作品に関する情報をコンパクトにまとめ、インパクトを与えるようまとめられているからです。

配色で頭を抱えているときは初歩的な手法に立ち返るのも一つの手でしょう。

アニメ「Persona4 the ANIMATION」にみるデザインの妙

皆さんPersona4 the ANIMATIONってご存知ですか?

コンシューマ機のゲーム、Persona4がもととなっているアニメで、2011年から2012年にかけて放送されました。結構昔ですね、今ペルソナ5がゲームで出ていますし。

この作品のオープニングがとにかく素晴らしいデザインセンスで、初見のときに目からうろこが落ちました。

そのオープニングがこちら。

“アニメ「Persona4 the ANIMATION」にみるデザインの妙” の続きを読む

【書評】WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator

「WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator」を読んでみました。

PhotoshopとIllustratorのWebサイト制作に特化した技術書です。

応用可能な基礎知識が詰まった一冊で、一時間ほどで読み終えられます。

基礎知識の集大成ですので、独学でデザインを学ぶ方や、新人デザイナーの方にお勧めです。

“【書評】WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator” の続きを読む

昨今のネット広告とデザインの正直な話

理解しているけれども腑に落ちないという話です。

売れるデザイン、目を引くデザインというのは、実はパターンがあります。
例えば

  • スーパーのチラシ
  • 車の広告
  • LP

皆さん上記のレイアウトや色遣いを思い浮かべてください。

あー、と納得しませんか?

スーパーのチラシなんてとても分かりやすいです。

一見ごちゃっとしているようで商品一つ一つがきちんと認識できる写真の配置、独特の赤や黄色を使った極太フォント。
“昨今のネット広告とデザインの正直な話” の続きを読む